にしとこ日記

鉄道車両の撮影記録、音MADの制作状況などなど

「S-TRAIN」詳細概要の感想

皆さん、おはこんばんちは。

ご存知の方が多いかと思いますが、2017年1月10日に、西武鉄道の有料座席指定列車「S-TRAIN」の詳細が正式に発表され、公式サイトもオープンしました。

「S-TRAIN」プレスリリース

http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2016/__icsFiles/afieldfile/2017/01/10/s-train.pdf

「S-TRAIN」公式サイト

www.s-train.jp

 

西武池袋線東京メトロ07系がぎりぎり走ってた時期から西武沿線に在住しているので、この「S-TRAIN」の登場は、個人的に大きなニュースの一つではありますね。

 

まず、「S-TRAIN」という愛称について、個人的にはアリかなぁと思っているのですが、ネーミングセンスのなさにうんざりしている方も結構いるようで…

批判している方もいらっしゃいますが、「S-TRAIN」又はそれに類似した愛称以外、つけようがないかと思ってたり。

 

運行区間、停車駅等は、想像を絶すると言っても過言ではないほど、意外でした。

twitterにも公開しましたが、「S-TRAIN」の停車駅をトレインビジョン風にまとめてみました。

f:id:Nishi-toko:20170113171907p:plain

まず、土休日運行【西武秩父-元町・中華街】の列車において気になる点と、その憶測を箇条書きで書いていくと、

・特急停車駅の横瀬を通過→NRAも横瀬通過するのでは?

・事実上、通過不可避な練馬、小竹向原を通過→一時的に業務停車するのでは?

・池袋は降車専用→混雑緩和を図っているのでは?

・発展が著しい武蔵小杉通過→JRの湘南新宿ラインとの差別化を図っているのでは?

と、こんな感じです。

 

次に、平日運行【所沢-豊洲】の列車において気になる点(というか疑問点)を箇条書きで書いていくと、

・なぜ所沢~豊洲間で運行?

保谷停車の意味

・池袋通過の意味

ということぐらいですかね。

 

その他では特に、乗降車専用の制限が厳しいのが気になります。

しばらくは、一般利用客の混乱が起きそうですね。

 

デビュー初日は、高校受験も終了している時期ですので、撮る録ると思います。

録るには座席を確保しないといけないので、厳しそうですが…

 

今度のダイヤ改正の詳細はまだ発表されていないので、その内容の期待も膨らみますが、気長に待つしかないですね。

今回書きたかったことはこれぐらいですので、これで以上となります。

閲覧、ありがとうございました。