にしとこ叢書

気まぐれに。

偽ゴナまとめ。

皆様は「ゴナ」という書体をご存知だろうか。ゴナとは、かつての業界最大手「写研」から販売されたゴシック体の書体である。その完成度の高さから、販売開始から1990年代までは出版物や広告、サインなど日本の至る所で使用されるなど、当時の和文ゴシック体の定番書体であった。しかし、時代の流れでDTPシステムが普及していく中、写研の書体を出力するには従来通り専用の機械(写植機など)を使用しなければならず、その手間と不便さから写研の書体はDTPに対応した他社製品へ続々と置き換えられた。ゴナもその例外ではなく、その多くがモリサワ「新ゴ」をはじめ他の類似書体へと置き換えられ、現在においてもゴナを採用している作例はごく限られている。

そんなゴナには、数多くのゴナを模倣した偽物と思しき書体が存在する。これらは概して偽ゴナと呼ばれ、Windows上で使えるものからカッティングシステム専用のものまで、そのバリエーションは様々である。前置きが長くなってしまったが、当記事では私が確認できた数々の偽ゴナを本物のゴナと比較しつつ、その約説をまとめてみた。

※以下の情報は、あくまで私個人がインターネット上の情報などを基に調査したものですので、すべての情報に確証はございません。また今回は、重ね角ゴなどゴナを装飾したような書体の紹介は割愛させていただきました。予めご承知おき下さい。

1:LSN太角ゴシック体

f:id:Nishi-toko:20191215012339p:plain

「ゴナE」「LSN太角ゴシック体」の比較。

こちらはラムダシステムズが自社のテロップシステム用に開発したWindows用フォント。ウェイトはゴナE相当で、TV番組等で稀に使われる。9割方ゴナだが、「あ」など一部字形が異なる他、数字がゴナよりも角張っているなどの違いがある。個人での購入、使用は困難である。

NHKゴシック

f:id:Nishi-toko:20191215012343p:plain

「ゴナE」「LSN太角ゴシック体」「NHKゴシック」の比較。

NHKのTV番組「デザインあ」のスタッフ日誌(2018年1月4日)にて、「NHKゴシック」なる書体が言及されている。しかし、「あ」の字形を見る限り、上記の「LSN太角ゴシック体」と同一であるように見える。この書体に関する情報が限りなく乏しい為、真偽の程は不明であるが、当記事では上記の書体と同一扱いとした。

2:サイン中角ゴシック体

f:id:Nishi-toko:20191215012349p:plain

「ゴナE」「サイン中角ゴシック体」の比較。

こちらは武藤工業が開発し、MPC(エム・ピー・シー)がフォント化、販売したフォント。ウェイトはゴナE相当で、Windows/Mac共に対応。かな文字はそれほど似てないが、漢字はかなり似ている。ただし、一部文字の重心が揃っておらず、文字組みした時に乱れが生じる場合がある。2009年に販売元のMPCが倒産した為、現在では販売されていない。

3:住友スリーエム製のカッティングシステム用書体

住友スリーエム(現:スリーエム ジャパン)がかつて販売していたカッティングソフト用の書体の中に、ゴナに酷似した書体がある。かつてJR東日本駅名標や駅構内サインにこの書体が幅広く使われており、偽ゴナの中で最も普及した書体といえる。ウェイトはゴナE、B、DB相当のものがある。なお、住友スリーエムは十数年前にカッティング事業から撤退しており、個人での使用は困難である。

角ゴ

f:id:Nishi-toko:20200217143122p:plain

「ゴナE」「角ゴ」の比較。
こちらは、ウェイトがゴナE相当のもの。基本的にゴナと同じ字形だが、以下のアレンジがなされている。
・「た」「だ」の字形変更
・「き」「さ」「ま」の横棒の直線化
・「が」など、一部濁音、半濁音の濁点、半濁点の位置変更
・「ゴ」など、一部片仮名の濁音の折れ角の欠け処理
など…

中細角ゴ

f:id:Nishi-toko:20200217143202p:plain

「ゴナB」「中細角ゴ」の比較。
こちらは、ウェイトがゴナB相当のもの。アレンジは以下の通り。
・一部文字(かな、漢字)の折れ角の欠け処理
・「た」の字形変更
など…

細角ゴ

f:id:Nishi-toko:20200217143242p:plain

「ゴナDB」「細角ゴ」の比較。
こちらは、ウェイトがゴナDB相当のもの。アレンジは以下の通り。
・「7」や一部文字(かな、漢字)の折れ角の欠け処理
・「崎」など、一部漢字の突き出しの追加
・「が」など、一部濁音、半濁音の濁点、半濁点の位置変更
など…

4:TA風雅角ゴシック(01,02,03)

f:id:Nishi-toko:20191215012416p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012421p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012426p:plain

「ゴナ」「TA風雅角ゴシック」の比較。

こちらは、テクノアドバンスが自社のカッティングシステム用に開発した書体。ウェイトはゴナU、B、DB相当のものがある。当初は自社のカッティング用ソフトにしか対応していなかったが、同社が自社開発の自動フォント生成ソフトウェア「フォントウィザード」を使用してフォント化し、販売した。Windows/Mac共に対応。半角英数字、記号等はゴナとは全くの別物だが、その他はほぼゴナである。ただし、文字の重心が揃っておらず、文字組みした時に若干乱れが生じる。同社は2016年に倒産したが、かねてより業務提携していたスキルインフォメーションズがその後を引き継いだ為、現在でも販売されている。

5:MY角ゴ(U,EH,H,EB,B,DB,D,M)

f:id:Nishi-toko:20191215012431p:plain

「MY角ゴ」ファミリー。
こちらは、システムグラフィのオリジナルフォント。ウェイトはゴナU、H、E、B、DB相当のものの他に、ゴナにはないU~H、H~E、E~Bの中間のものがある。ウェイト展開が豊富すぎる為、ゴナとの比較画像は省略。同社のカッティング用ソフトにて使用できる他、MY角ゴU、MY角ゴB、MY角ゴMはWindows用フォントとして販売されている。

6:G角ゴシック(MY-U,MY-H,MY-B,MY-D,MY-M)

G角ゴシックは、テクノアドバンスのオリジナルフォント。この書体は上記のMY角ゴと同一であるため(詳しくは後述)、画像は省略。ウェイトはゴナU、H、E、B、DB相当のものがある。同社がかつて販売していたカッティング用ソフトにて使用できる。

7:TA角ゴ(GF01,GF02,GF03,GF04,GF05)

f:id:Nishi-toko:20191215012522p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012527p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012531p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012536p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012541p:plain

「ゴナ」「TA角ゴ」の比較。

こちらもテクノアドバンスのオリジナルフォント。TA角ゴは、同社が上記のG角ゴシックを自社開発の自動フォント生成ソフトウェア「フォントウィザード」を使用してフォント化、販売したもの。Windows/Mac共に対応。半角英数字、記号等はゴナとは全くの別物で、TA角ゴGF03に至っては何故かかな文字が90%縮小されている。このフォントは文字の重心が絶望的に揃っておらず、文字組みはご覧の有り様である。同社は2016年に倒産したが、かねてより業務提携していたスキルインフォメーションズがその後を引き継いだ為、現在でも販売されている。

8:SN角ゴ(H,B,M)

f:id:Nishi-toko:20191215012437p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012442p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012447p:plain

「ゴナ」「SN角ゴ」の比較。

こちらは、システムグラフィのオリジナルフォント。ウェイトはゴナU、E、DB相当のものがある。同社のカッティング用ソフトにて使用できる。

9:ST角ゴ(U,EB,B)

f:id:Nishi-toko:20191215012451p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012456p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012502p:plain

「ゴナ」「ST角ゴ」の比較。

こちらもシステムグラフィのオリジナルフォント。ウェイトはゴナU、E、B相当のものがある。同社のカッティング用ソフトにて使用できる。

10:TK角ゴ(B,M)

f:id:Nishi-toko:20191215012507p:plain

f:id:Nishi-toko:20191215012512p:plain

「ゴナ」「TK角ゴ」の比較。

こちらもシステムグラフィのオリジナルフォント。ウェイトはゴナE、DB相当のものがある。同社のカッティング用ソフトにて使用できる。

11:TE角ゴU

f:id:Nishi-toko:20191215012517p:plain

「ゴナU」「TE角ゴU」の比較。

こちらもシステムグラフィのオリジナルフォント。ゴナUのウェイトをさらに太くしたような書体。同社のカッティング用ソフトにて使用できる。

※システムグラフィの偽ゴナに関して

上記のシステムグラフィの偽ゴナ(MY角ゴ,SN角ゴ,ST角ゴ,TK角ゴ,TE角ゴ)は、同社のグループ会社である日本デジタルグラフィックから販売されているカッティング用ソフトでも使用できる。だが、一部書体名がシステムグラフィのものと異なり、ウェイトも独自の表し方となっている。テクノアドバンスのものと併せてその対応をまとめてみた。(横列は同一書体、赤字はデジタルフォントとして販売されているもの。)

システムグラフィ 日本デジタルグラフィック テクノアドバンス
MY角ゴU SD角ゴL100 G角ゴシックMY-U TA角ゴGF01
MY角ゴEH SD角ゴL092    
MY角ゴH SD角ゴM108 G角ゴシックMY-H TA角ゴGF02
MY角ゴEB SD角ゴM104    
MY角ゴB SD角ゴM100 G角ゴシックMY-B TA角ゴGF03
MY角ゴDB SD角ゴM092    
MY角ゴD SD角ゴM088 G角ゴシックMY-D TA角ゴGF04
MY角ゴM SD角ゴM084 G角ゴシックMY-M TA角ゴGF05
SN角ゴH SK角ゴL100    
SN角ゴB SK角ゴM100    
SN角ゴN SK角ゴS100    
ST角ゴU ST角ゴL100    
ST角ゴEB ST角ゴM100    
ST角ゴB ST角ゴS100    
TK角ゴB PC角ゴM100    
TK角ゴM PC角ゴS100    
TE角ゴU TE角ゴL100    
       

ちなみに、システムグラフィの偽ゴナは同社が制作したものではなく、アークシステムという会社が制作したものである。このアークシステムが制作したものとして、他にもゴナを装飾したようなパクリフォント「重ね角ゴシック」などがある。同社は自社フォントの多くを他社にOEM供給していたらしく、テクノアドバンスのG角ゴシックもその中の一つであると思われる。アークシステムが1997年に倒産したとき、同社フォントの字母の権利がシステムグラフィに譲渡されたため、MY角ゴなどの著作はシステムグラフィのものとなっている。

―最後に。

偽ゴナに関しては一般販売されていないものが殆どで、あまりハッキリとしないことも多い。上に記した情報が誤りである可能性も否めないので、より詳しい情報をお持ちの方はコメントしていただけると幸いです。閲覧ありがとうございました。